睡眠薬は大まかなイメージこそ知られていますが、やや誤った認識が広まっています。しっかりと理解して服用するようにしましょう!

不眠症対策デパスとアモバン

睡眠薬に関しての認識

睡眠薬に関する質問 

睡眠薬を使う際には、いくつか気になる点があると思います。
薬の強さ、依存をしてしまわないか、種類による時間の違いなど。そんな睡眠薬に関するよくある質問についてまとめてみました。

皆さんが一番気になる点は睡眠薬に頼ってしまうと、不眠症を克服したとしても服用がやめられなくなり依存症になる恐れがあるのではと考えている人が多いと思います。
確かに睡眠薬の依存はありえます。厄介なところは医師の指示に従い正しく服用をした場合にも依存をしてしまう可能性があります。服用量だけではなく、服用期間も要因なため、長期に服用する場合に依存してしまうのです。
その理由としては、使い続けていくうちに薬の効果が体の中にある状態が普通である、と錯覚をしてしまうために起こります。
効果が体内に無い状態が異常と感じるため不快感を生じてしまいます。
その不快感を消すために睡眠薬の服用を続けてしまうため、依存状態となるのです。
服用を急にやめてしまうと「離脱症状」になってしまいます。
症状の一つに不眠が挙げられており睡眠薬を多量に服用してしまう悪循環になってしまうこともあるのです。

睡眠薬には作用時間もそれぞれ違い、種類がいくつかあります。それによっても分類が出来ます。
効き始める時間が15~20分で消失の早い「超短時間作用」を筆頭に、「短時間作用型」「中間作用型」「長時間作用型」と順番に作用時間が長くなります。
例を挙げますと超短時間作用に適する人は入眠障害の人です。入眠障害とはいわゆる寝付きの悪い人の事です。
反対に夜中に何度も目覚めてしまう「中途覚醒」の人は、中間作用型や長時間作用型の睡眠薬を服用するのが望ましいです。長い時間効きますので夜中に目が覚めないのです。

睡眠薬を服用するタイミングは就寝前が最も良いでしょう。
まだ眠らないのに服用をしてしまうとその間にあった記憶を忘れてしまう恐れもありますし、ふらつきによる転倒もあります。

睡眠薬へ大きな誤解を持っている人も多く使用をためらっている人いるかと思います。睡眠薬は決して悪いものではありません。
正しく知っていれば非常に役に立つ物です。

こんな人も服用している!役者さんもおすすめのアモバン

私は役者をしています。
役者として、ドラマ、舞台といった色んな種類のお仕事をさせて頂いたことでそれなりの役者としてのスキルを見つけたと思うのですが、どうしても会得することが出来ないことがあります。
それは何処でもそれも、すぐに眠ることが出来るといったことです。

少し私は潔癖な部分があるのかもしれないのですが、皆さんはどうでしょう?
どんな場所でも、すぐに眠ることは出来ますでしょうか?

どうしてそんなことを役者をしている私が気にしているかと言いますと、偉大だと言われる役者さんというのは大抵このどこにいてもすぐに眠ることができるということが必須なのです。

その中には、タオルを一回使ったら捨ててしまうというような潔癖な人もいるのですが、そういった方でも文句を良いながら結局すぐに眠っていたとのことを聞いたのです。
何故、どこでも、それもすぐに眠ることが重要なのかと言いますと、結局偉大と言われている人たちは時間がないわけです。

なので、そんな文句をずっといっている暇があるのであれば、本当は嫌でもすぐに眠れる自分を設定してその場で眠ることが出来る自分を作るらしいのです。
それが出来ない人というのは、結局どんな役柄でもこなすことができる役者ではなく、たまたまはまっている役を与えてもらっているだけのつまらない役者だと言われてるのです。

私はでもまずは元々ベットや布団でもすぐに眠るということが出来ない人間なので、最近ではすぐに眠ることが体験出来るように睡眠薬を飲むようにしています。
これがまたとても良くて、一度寝ても4、5時間で安眠なのか疲れもすっかり取れるのです。

恐らく偉大と呼ばれる方々はこの睡眠薬がなくてもこのようにすっきりとすることが出来るのでしょう。
私も少しでもその領域に達することが出来るように、この睡眠薬、アモバンを飲んでいこうと思っています。
副作用という副作用もないので私としては慣れるまでは睡眠薬の中でもこのアモバンを好んで服用していこうと思っています。