一言で「不眠症」と行っても4タイプの不眠症があります。自分がどのタイプに属するのか把握し、より効果的に治療できるようにしましょう!

不眠症対策デパスとアモバン

不眠症の種類

症状によって異なる不眠症

不眠症とは、睡眠障害の一つで、その症状も異なります。

・入眠困難の不眠症
・中途覚醒の不眠症
・早朝覚醒の不眠症
・熟眠障害

上記4つのタイプに分類することができます。
分類したとしても、症状の重さには個人差がありバラつきがあるので一概には言えません。
それぞれの症状の特徴などを理解し、自身の症状がどのタイプに該当するのか把握しすることで、より効果的に改善することができるようになります。

入眠困難の不眠症

入眠困難の不眠症は寝付けが悪いために、眠りにつく時間が30分から1時間もかかってしまい、それに苦痛を感じる状態です。
不眠症の中で、この入眠障害が最も多い症状と言われています。
仕事やプライベートなどにおいての悩みなどを考えてしまい寝れないというのもこのタイプに当てはまります。

中途覚醒の不眠症

中途覚醒とは夜中に何度も目が覚め、その後は寝付けなってしまう状態です。そのまま朝を迎えてしまったりもします。
理由として、眠りが浅くなるため夜中に起きてしまうのです。
この症状はお年寄りに多くみられるタイプです。

早朝覚醒の不眠症

早朝覚醒は、自分が目覚めようとする時間よりも早く目覚めてしまう症状です。
体内時計のリズムがずれた状態なので、夜遅くまで起きているのが辛くなります。そのため早寝早起きとなるのです。
こちらもお年寄りに多く見られ、うつ病の人もなりやすいと言われています。

熟睡障害

熟睡障害は睡眠時間は十分とっているにも関わらず、しっかり眠った感じが得られずに、起きたときにとても眠気を感じたり頭がすっきりしないといった症状が現れます。
メンタルに与える影響もとても大きいので、この症状が続くとうつ症状なども引き起こす場合もあります。
睡眠時無呼吸症候群や周期性四肢運動障害が関係していることもあるので、同時に発症していた場合は気づきにくいです。

軽視してはいけない不眠症

不眠症は一つの症状しか発症しない場合もありますし、複数の症状を同時に発症してしまう人もいます。
当然、複数の症状が出てしまうほうが症状としては重いです。
原因はいくつかあるのですが、中でも自律神経のバランスが崩れている人が多いためこれを整えることが必要です。 

交感神経が優位に立つと、緊張状態が続き、睡眠が困難になります。この状態が継続をすると不眠症になってしまいます。

それを防ぐには副交感神経を優位にさせなければなりません。
そのためには眠る前に強い光を見ないこと(スマートフォンやパソコンを使わない)、カフェインの摂取を控えること。リラックスできる環境を整えて、寝る準備を早めにすることで交感神経を落ち着かせます。

交感神経が落ち着くのには時間がかかりますので、寝る準備を早くするのは友好的な手段だと思います。